【天皇賞・春 地方ナンバー1騎手・森泰斗 タイトな読み】G1・4連続的中へ!長距離戦ならユーキャンスマイル◎ (スポーツ報知)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

藤井聡太 扇子「大志」
価格:1944円(税込、送料別) (2019/8/21時点)


出典元:長距離適性の高いユーキャンスマイルで勝負する森泰斗

◆第161回天皇賞・春G1(5月3日・芝3200メートル、京都競馬場)

 この春、G1予想にチャレンジしている船橋の森泰斗騎手(39)はコラム「タイトな読み」で、令和初の天皇賞・春(3日、京都)の◎をユーキャンスマイルに託した。大阪杯の3連複的中のあと、桜花賞、皐月賞と馬単本線的中と絶好調の地方競馬NO1ジョッキーは、生粋のステイヤーでG1・4連勝を狙う。

【動画】日本一〇な女子アナ・薄井しお里の実況予想…天皇賞(春)・G1の予想

 長距離戦は乗り手の手腕の違いが出るもの。特に天皇賞・春は特殊なコースで、よりいっそう騎手の腕がものを言う舞台です。また、道中は怒らせないように運ぶ必要があるので、馬の性格も大事なポイントです。

 その点を踏まえて、ユーキャンスマイルを本命に推します。前向きすぎず、ほどよい気合乗りで走れますし、折り合いには苦労しなさそうなタイプ。前走はロスのない内にこだわる競馬で、素晴らしい勝ちっぷりでした。岩田康騎手がけがで乗れないのは残念ですが、バトンを受け取ったのは昨年のダービージョッキー、浜中俊騎手。心配ないと思います。

 相手はキセキです。前走は痛恨の出遅れで7着でしたが、実力はこのメンバー相手でも1、2の存在。さらに、鞍上は武豊騎手。スタートを決めてマイペースで行ければ、この馬が勝ってもおかしくないですよね。

 フィエールマンは、もうワンパンチかな? と感じるレースが続いているうえに、有利とは言えない大外枠。ですが、なんと言っても昨年の優勝馬。有馬記念以来となる4か月半の休養期間で、立ち直っていれば。

 内枠を引いたモズベッロ、ミッキースワローも要注意。気難しそうなタイプですが、エタリオウにも注目しています。(船橋競馬所属騎手)

 【森泰斗の印】

◎(7)ユーキャンスマイル

○(8)キセキ

▲(14)フィエールマン

★(1)モズベッロ

△(5)ミッキースワロー

△(2)エタリオウ

 ◆森 泰斗(もり・たいと)1981年1月11日、千葉県生まれ。39歳。足利競馬の所属として98年4月18日騎手デビュー。足利廃止後に移籍した宇都宮も廃止となり、05年から船橋所属。昨年はNAR(地方競馬全国協会)の最優秀勝利回数騎手賞、最優秀賞金収得騎手賞、ベストフェアプレイ賞の“3冠”を受賞。

【広告】

奇跡の出会いから生まれた

【出雲抹茶専門店 桃翠園】





コメントは受け付けていません。