【札幌】河合竜二さんが養護施設子供たちとオンライン交流「生がいいけどやってよかった」(スポーツ報知)

出典元:児童養護施設の子供たちとオンラインで交流するコンサドーレの河合CRC(右)(写真提供・コンサドーレ)

J1札幌を運営するコンサドーレの河合竜二CRC(コンサドーレ・リレーションズチーム・キャプテン、41)が2日、札幌市の児童養護施設「興正学園」の子供たちとオンラインで交流した。浦和、横浜M、札幌と計22年の現役生活を元に「夢や目標を持つことの素晴らしさ」を説くなど、1時間にわたって対話。「生で触れ合いたいなとは思った」と映像を通しての初交流に戸惑いもあったが「すごく楽しんでくれて。やって良かった」とほほ笑んだ。

 河合氏は2013年から「河合シート」を設置して子供たちを招待するなど、現役時から支援活動に積極的。その縁で実現した初回の試みを終え「コンサドーレとして北海道を盛り上げる義務がある」と、今後も同様の交流を続ける意向を明かした。新型コロナウイルスの影響で活動は制限されるが「今できることを楽しむのが大事。その手助けができるように、自分が出来ることは全てやっていきたい」と尽力していく。

【広告】



コメントは受け付けていません。