NBA、来季12月に開幕も ファイナル8月ずれ込み八村塁ら五輪ピンチ(スポーツ報知)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:八村塁(ロイター)

NBAの2020~21年シーズンの開幕を例年の10月ではなく12月に遅らせる案が検討されていると1日、スポーツ専門局ESPN(電子版)が報じた。その場合、通常6月開催のNBAファイナルが7月下旬~8月にずれ込む可能性があり、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて21年7月開幕に延期された東京五輪への影響が懸念される。

 男子の日本代表にとってはウィザーズに所属する絶対的エース・八村塁(22)ら主力の招集が、シーズンの結果次第では難しくなる可能性も考えられ、また五輪で大きな注目を浴びているNBAのスーパースター集結の米国代表「ドリームチーム」結成も夢に終わるかもしれない。

 今季は3月12日から中断。現段階で再開の見通しは立っておらず、レギュラーシーズンは各チーム、15~19試合が残っている。本来は4月15日に終了し、6月にはファイナルを含めた全日程が終了する予定だった。来季の日程延期は今季の終了時期とは関係なく、新型コロナの影響で今後もさまざまな障害があることを予想し、より多くの試合で観客を集めるために考えているという。また今季が再開されれば、来季の開幕後ろ倒しは避けられないとも報じた。

【広告】

<宝島社ストア>雑誌×ブランドコラボiPhoneケース

 

人気ブランドとコラボした

iPhoneケースを販売中

 宝島社ストアだけの限定デザイン

 



 

コメントは受け付けていません。