大相撲、夏場所開催可否 4日にも最終判断か(サンケイスポーツ)

出典元:日本相撲協会の芝田山広報部長

日本相撲協会の芝田山広報部長(57)=元横綱大乃国=は2日、2週間延期して24日初日となった夏場所(両国国技館)開催について、政府が4日に緊急事態宣言の延長を決定することを受けて「(同日に)協会も何らかの動きがあると思う」と、即応する可能性を示唆した。報道陣との代表取材に応じた。

 協会は宣言の期間が終わる6日時点の状況を踏まえ、専門家と意見交換する方針を明らかにしていたが、宣言は1カ月程度延長される見通しで、夏場所の日程と重なることになった。協会は新型コロナウイルス禍の状況次第では、中止も含めて検討するとしていた。

 芝田山部長によれば、人数が集まる理事会などの会議はできないとし、「(4日にも)八角理事長(元横綱北勝海)からの発表、談話は何かある可能性がある。いろいろ自粛してくださいということであれば、対応を考えなくてはいけない」と、いよいよ厳しい判断を迫られる。

【広告】

市場最安級の月額料金3,609円で使えて、

最大32,000円キャッシュバック! 

市場最強にお得なWiMAX2+はこちら




コメントは受け付けていません。