【青葉賞】オーソリティが直線力強く伸びてV! 日本ダービーの優先出走権を獲得(サンケイスポーツ)

出典元:青葉賞を制し日本ダービーの優先出走権を獲得したオーソリティ

5月2日の東京11Rで行われた第27回青葉賞(GII、3歳オープン、馬齢、芝2400メートル、18頭立て、1着賞金=5400万円)は、ライル・ヒューイットソン騎手騎乗の3番人気オーソリティ(牡、美浦・木村哲也厩舎)が中団追走から直線、鞍上の右ステッキ連打に応え、力強く伸びて先頭でゴール。シンボリクリスエスやゼンノロブロイ、フェノーメノなどのGI馬を輩出したトライアルレースを制し重賞初制覇。2着のヴァルコス(4番人気)とともに、日本ダービー(5月31日、東京、GI、芝2400メートル)の優先出走権を獲得した。タイムは2分23秒0(良)。

 3着には直線内をついて脚を伸ばしたフィリオアレグロ(1番人気)が入った。

 青葉賞を勝ったオーソリティは、父オルフェーヴル、母ロザリンド、母の父シンボリクリスエスという血統。北海道安平町・ノーザンファームの生産馬で、馬主は(有)シルクレーシング。通算成績は5戦3勝。重賞は初制覇。青葉賞は、木村哲也調教師、L.ヒューイットソン騎手ともに初勝利。

【広告】

カー用品【ユアーズ直販サイト】

超簡単取り付け一体型HIDキット新発売

コメントは受け付けていません。