【天皇賞・春】充実一途の6歳馬ミッキースワローが展開味方に一閃(サンケイスポーツ)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:春の盾3勝を誇る横山典騎手でGⅠ初制覇を狙うミッキースワロー

研ぎ澄まされてきた末脚で、淀の直線を切り裂く。成熟した6歳馬ミッキースワローが春の天皇賞を勝つ。

 3歳秋のセントライト記念で皐月賞馬アルアインをぶち抜いた実力馬。もともと高ぶりやすい気性で、その後は展開や馬場なども噛み合わず勝ち切れなかったが、昨夏の七夕賞以降(1)(2)(3)(4)(1)着の安定感は目を見張る。

 一昨年の有馬記念(11着)以来の長距離戦だった前走の日経賞も強い内容。3~4コーナーで外を追い上げ、直線の攻防を力強く制した。急坂を上がってから突き放すように伸びた末脚は、直線が平坦の京都に替わって威力を増すはずだ。

 充実ぶりは「去年までは競馬が近づくとカイバを食べさせるのに苦労したけど、今はその心配もない」と菊沢調教師も実感するところ。中間はゆったり長めを乗って、長距離仕様に仕上げられている。単走での追い切りを終え「落ち着いてリラックスしていたし、最後は集中力を高めていた」とデキに自信を持つ。

 母系には短距離の活躍馬が多く、本質的には中距離がベストの印象だが、スローペースが濃厚のメンバー。展開的にスタミナを求められることがないのは好材料のうえ、内め(5)番枠ならロスも少ない。あとは96年サクラローレル、04年イングランディーレ、15年ゴールドシップと春の盾3勝を誇る横山典騎手のリードに託せばいい。

 過去15年、前走で年明けのGIIを走った馬が13勝・2着12回。有馬記念4着以来のフィエールマンに比べて順調度で上回る。しかも前走GIIを1番人気で制した6歳馬は【1・2・0・0】。人気も実力も証明した成熟馬が、いよいよ初戴冠だ。

 “究極の3連単”はスワローを1着に固定。フィエールマンを2、3着に据えた12点で勝負だ。(夕刊フジ)

【広告】

令和元年

何か新しい事に

チャレンジしてみたら?

週末を利用して体験旅行はどうですか?

新しい趣味が見つかるかも。

旅行先での遊び や、

週末の おでかけ 先をお探しなら

日本最大級のレジャー総合情報サイト

にお任せ。

↓   ↓   ↓



コメントは受け付けていません。