【名古屋】自主トレでグラウンドを開放 丸山「いい距離感で練習できた」(スポーツ報知)

名古屋は30日、愛知のトヨタスポーツセンター内グラウンドを選手の自主トレーニング用に開放した。練習後、ウェブ取材に応じたDF丸山祐市は「感染予防もふまえて、選手と言い距離感で練習が出来た」と、笑顔を見せた。

 新型コロナウイルス感染拡大により、チームは今月5日から全体練習を休止。この日から行われた自主練は、ポジション別の4グループで時間帯を分けて行った。クラブハウスなどの施設は使えず、選手は練習後、すぐに帰宅する体制。フィジカルトレーナー、コーチらスタッフも最少人数で、練習中も選手間に一定の距離を設けて、感染対策には十分に配慮した上で実施された。当面もこの方式で自主練のためにグラウンドが利用できるようにする予定だ。

 丸山は、ランニングやフィジカルトレーニング、パス交換、リフティングなど約1時間半、体を動かしたという。リーグ再開の見通しは立たない中、「年齢(30歳)やけがのことを考えて、5週…。早くても、4週間~6週間くらいほしい」と試合再開までの準備期間についてコメントした。

【広告】

カー用品【ユアーズ直販サイト】

恥ずかしいほどに




コメントは受け付けていません。