KENTA、高校球児の頃を振り返りエール「ツイッターで愚痴っても何にも活きない。何より今を楽しんで欲しい」(スポーツ報知)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

藤井聡太 扇子「大志」
価格:1944円(税込、送料別) (2019/8/21時点)


出典元:KENTA

独特のツイートで人気のプロレスラー・KENTA(39)が29日、自身のツイッターを更新。高校球児として野球に打ち込んだ自身の経験から若者たちにエールを送った。

【写真】アントニオ猪木氏「延命治療はしない」

 この日、東京・修徳高時代の監督で現在は愛媛・松山城南高で監督を務める阿保暢彦氏のインタビュー記事「プロレスラー・KENTAが高校球児だった頃。恩師が明かす忘れがたいエピソード」を貼り付けたKENTA。

 「高校時代は最高に楽しかった」と書き始めると、「あの時こうしていればとかあるけど、それも後に必ず活きる。若者はとにかく何かに一生懸命になって欲しい。そして沢山失敗もして欲しい。ツイッターで愚痴っても何にも活きない。何より今を楽しんで欲しい」と若者たちにエールを送り、最後は「阿保監督も元気そうで何よりです」と締めくくっていた。

 KENTAは先月28日にも新型コロナ余波の中、小池百合子都知事による外出自粛要請にもかかわらず、出歩く若者を一喝する「俺が何を言いたいかっていうと、家にいろって事!」とツイート。この投稿にファンが「すみません…。ゲーセンにおります」と書き込んだとたん、怒りが爆発。「バカか! さっさと家に帰るんだ」と一喝し、大きな反響を呼んだ。

 今月21日にもSNSなどに神奈川・江ノ島などに人があふれる様子がアップされたのに対し、「おい!江ノ島はずっとそこにあるぞ!今じゃない!」と不要不急の外出を控えるよう呼びかけている。

【広告】

奇跡の出会いから生まれた

【出雲抹茶専門店 桃翠園】





コメントは受け付けていません。