【マンスリー藤田光里】愛猫とあつ森で癒やされおうち時間(スポーツ報知)

出典元:愛猫キャリコと自宅時間を過ごす藤田(本人提供)

新型コロナウイルスの蔓延で私は、この1か月はほぼお家に籠もっています。家の中でトレーニングやアプローチとパター練習。ショットに関しては素振りをする日々です。お世話になっているジムも一時的に閉鎖してしまい、家の近くや通っていた練習場もクローズになってしまっていて。

 ラウンド練習も週1回くらいのペースです。コースではマスクをしたままで回っています。これまで花粉症とかもなくて、マスクをしたままのプレーには慣れていなくて。起伏の激しいホールは息が上がってしまって、大変です(笑い)。

 ツアー中止の連絡は毎週、日本女子プロゴルフ協会からメールで届きます。私は前半戦のレギュラーツアーでフジサンケイ、リゾートトラスト、中京ブリヂストンなど主催者推薦を頂いていた試合が多くて。それが全部中止となったのは正直、ショックです。今後、後半戦の推薦やリランキングに賞金シード、QT(来季出場権をかけた予選会)はどうなるのかな、と色々考える。すごく不安で寝付けなくて。ストレスで食欲もなくて、体重は1か月で4キロ痩せちゃいました。今は、ニンテンドースイッチのゲームソフト「あつまれ どうぶつの森」と愛猫のキャリコちゃんが癒やしですね。

 試合は昨年11月以来、半年近くも遠ざかっています。こんなに期間が空くのは、ジュニアの頃に北海道で冬を越していた時以来ですね。25日には15年に初優勝したフジサンケイレディスの特番に家から出演しました。初めての生放送でドキドキに緊張して。ずっとニヤニヤしていましたけど、手汗がやばかったです。(女子プロゴルファー)

 ◆藤田 光里(ふじた・ひかり)1994年9月26日、札幌市生まれ。25歳。3歳で父の故・孝幸さんの教えでゴルフを始め、西岡中3年から北海道女子アマチュア5連覇。飛鳥未来高卒。13年プロテスト合格。14年賞金ランク38位、15年はフジサンケイレディスで初優勝など同18位、16年は48位で賞金シード獲得。17~19年は賞金シードを逃した。165センチ、56キロ。家族は母と妹、弟。

【広告】

初期費用0円!

格安スマホ



コメントは受け付けていません。