新大関・朝乃山、インターハイ中止の高校生へ「プラスに考えて前に前に進んでほしい」(スポーツ報知)

出典元:夏場所の番付表を手にする新大関・朝乃山

日本相撲協会は27日、新型コロナウイルス感染拡大により2週間延期された、大相撲夏場所(5月24日初日・両国国技館)の新番付を発表した。新大関・朝乃山は、今夏のインターハイ(全国高校総体)が中止になった高校生に向けてエール。角界にも複数の感染者が出たことで開催自体が不透明。協会は新型コロナ禍の状況次第で、中止も含めて検討するとしている。

 朝乃山も電話を通して、あらためて新大関になった喜びを口にした。大阪での昇進伝達式から約1か月。「番付を見てまた実感した。もっと大相撲を盛り上げていきたい」と角界の顔としての自覚は十分だった。新型コロナウイルスの感染防止のため、濃厚接触となるぶつかり稽古は再開できず。都内で四股などの基本運動を続け、「自分だけでなく、力士みんなが我慢してやっている」と黙々と準備する。

 看板力士は全国の高校生も思いやった。26日にインターハイ中止が決定。自身も富山商で団体、個人に出場し、近大を経て角界入りした。「中止は残念ですけど(秋の)国体はまだ分からない。また気持ちを整えて頑張って、不完全燃焼なら大学に進んで自分のやることをやってほしい。気持ちが切れたらそこで終わり。プラスに考えて前に前に進んでほしい」とエールを送った。

 大相撲でも計7人の感染者が出たことで夏場所開催は危ぶまれている。「怖い病気。自分がなってもおかしくない」と不安をのぞかせたが、「協会が決断したことに従う。夏場所があると思ってやる」と奮い立った。新大関の晴れ舞台を待つ朝乃山も、高砂部屋の個室にこもって苦境にじっと耐えている。(小沼 春彦)

【広告】

レ イ コ ッ プ

・レイコップだけの特許技術「光クリーンメカニズム」

・UV+たたき+吸引の3ステップで、

効果的にハウスダストが除去できる!

・ハウスダスト除去率は3分90%以上!

・実感できる楽しさ、よく見えダストボックス

・実際ハウスダスト取れてるの?… 

・一目でわかるダストボックスを採用!



コメントは受け付けていません。