朝乃山「夏場所があると思ってやっている」新番付発表、自らを鼓舞(サンケイスポーツ)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:番付表を手にした朝乃山は、太くなった自分のしこ名をアピールした

日本相撲協会は27日、新型コロナウイルス感染拡大の影響により2週間延期された5月の夏場所(24日初日、両国国技館)の新番付を発表。3月の春場所後に昇進した新大関朝乃山(26)は西に座った。昨年夏場所の貴景勝以来の新大関で、富山県出身では元横綱太刀山以来111年ぶりとなる。ウイルス禍の状況によっては中止の可能性も否定できない場所へ向け、開催を信じて自らを鼓舞した。

 刷り上がった新しい番付表を手にする、晴れやかな会見はできない。ウイルス感染拡大の影響で電話による代表取材に応じた朝乃山は、太くなった番付表のしこ名に「一つの目標としてきた大関を達成できた。番付を見てまた実感した。気持ちを引き締めて、初日に体を合わせていきたい」と前を向いた。

 協会は緊急事態宣言の期間が終わる5月6日時点の状況を踏まえ、専門家と協議。状況次第では夏場所の無観客開催や中止を検討する。各部屋には不要不急の外出禁止や毎日の検温、相撲を取るなど接触を伴う稽古の自粛を通達。稽古場では四股、てっぽう、すり足といった基礎運動を黙々とこなす日々が続くが、「自分だけじゃなく力士みんなが我慢している。力士全員が初日、夏場所があると思ってやっている」と自らを鼓舞した。

 ウイルス感染は相撲界にも広がる。高田川部屋の師匠、高田川親方(元関脇安芸乃島)、弟子の十両白鷹山ら計7人の協会員が入院、療養中だ。「自分自身も怖い。東京はすごい(数の)感染者がいる。開催したとしても、自分らがかかってもおかしくないレベルだと思う」。大正7年5月の夏場所は流行性感冒により休場者が相次ぎ、花形の取組がなくなった。当時「相撲風邪(かぜ)」とよばれたが、死者はいない。同年秋には国内で約39万人が亡くなった「スペイン風邪」が大流行したが、力士の感染者はごく少なかったという。

 新大関は「力士同士も触れないように、ほとんど個室に引きこもっている。世の中は何もできない状況だけど、相撲を取っている姿を見せられれば、皆さんも元気になると思う」。初日の幕が開くことを信じて、自制と自覚。心の鍛錬を続ける。

 (奥村展也)

★地元・富山の後援会員、前年比166%

 新大関の地元・富山で“フィーバー”が起こっている。朝乃山富山後援会事務局の藤井清則さん(58)によると、法人も含めた会員数が990(昨年3月末)から1645(今年3月末)にアップ。「前年比で166%になりました。大関になって(入会希望者の数が)一気に加速しました」と声を弾ませた。

◆朝乃山 英樹(あさのやま・ひでき) 本名・石橋広暉(いしばし・ひろき)。平成6(1994)年3月1日生まれ、26歳。富山市出身。高砂部屋。富山・呉羽小4年から相撲を始め、富山商、近大を経て平成28年春場所初土俵。29年春場所新十両、同年秋場所新入幕。令和元年夏場所で平幕優勝。2年夏場所新大関。優勝1回。殊勲賞2回、敢闘賞3回、技能賞1回。金星1個。幕内通算139勝101敗(17場所)。生涯通算203勝124敗(26場所)。得意は右四つ、寄り。188センチ、172キロ。

【広告】

初期費用0円!

格安スマホ



コメントは受け付けていません。