片岡篤史氏、コロナ闘病で「死感じた」現在は家族と離れ自宅静養(サンケイスポーツ)

出典元:片岡篤史氏

新型コロナウイルスに感染し、24日に退院した阪神OBの片岡篤史氏(50)が27日、カンテレの「報道ランナー」にオンラインで出演し、闘病生活を振り返った。

 「怖かったです。初めて死というものを感じました。帰れないんじゃないかと」

 8日から入院。体温は最高39・8度で血液検査の数値も悪化したという。インフルエンザ治療薬のアビガンの投与などで回復。体重は8キロ減り、現在は家族と離れて自宅で静養している。医療現場については「看護師が防護服を部屋に入るたびに取り替えないといけない。本当に最前線で戦っていただいている」と語った。

【広告】

【ファイテン公式】




コメントは受け付けていません。