待ち続けた7年間。マスチェラーノ、バルセロナ319試合目でついに決めた初ゴール(フットボールチャンネル)

オパシー・アンチバクテリアルハンドジェル

細菌・ウイルス消毒用のハンドジェルです。

・高い殺菌作用を誇る「擦り込み式」

・小さなお子様でも使用が可能

・肌にやさしい潤い成分も配合

出典元:【写真:Getty Images】

2017年4月26日。サポーターもチームメートたちも、そして本人も待ちわびていたであろう瞬間がついに訪れた。ハビエル・マスチェラーノがバルセロナでの初ゴールを記録した日だ。

【動画】マスチェラーノ、バルセロナでの待ちに待った初ゴール。イニエスタも祝福!

 2010年にリバプールからバルサに加入したマスチェラーノは、ジョゼップ・グアルディオラ監督をはじめとする歴代監督の下で5回のリーガエスパニョーラ優勝や2回のチャンピオンズリーグ優勝など数多くのタイトル獲得に貢献。守備的MFやセンターバックとして豪華攻撃陣の後方を支え続けた。

 だが守備的なポジションでプレーしているとはいえ、強豪チームで7年近くもの時間を過ごして一度もゴールネットを揺らすことがないという例は滅多にない。その“連続無得点”記録の継続には大きな注目が集まり、マスチェラーノ自身も「ゴールを決めることなくバルセロナを去る可能性は大きい」と話していたほどだった。

 しかし、バルサでの公式戦通算319試合目となったオサスナ戦でついにその記録に終止符が打たれる。チームが5-1の大量リードを奪った状況でPKを獲得したが、本来のキッカーであるリオネル・メッシはすでに交代。観客からの後押しも受けてキッカーを務めることになったマスチェラーノは、豪快なシュートを突き刺して長き沈黙を破った。

 リーガエスパニョーラの公式ツイッターアカウントでは、このゴールから3周年を記念して26日に動画を投稿。“守備の人”の記念すべき初得点を振り返っている。

【広告】



コメントは受け付けていません。