Jリーグで感染二例目。ザスパクサツ群馬DF舩津徹也が新型コロナの検査で陽性(フットボールチャンネル)

出典元:【写真:Getty Images】

ザスパクサツ群馬が1日、チームに所属する33歳のDF舩津徹也が新型コロナウイルスの検査で陽性反応を示したと発表。Jリーグの選手においては、ヴィッセル神戸所属の元日本代表DF酒井高徳に続き二例目の感染者となる。

 クラブの発表によると、3月26日夜に発熱感と倦怠感を覚え、27日朝の体温測定で37.1℃の発熱と倦怠感があったという。そのため、トレーニングを欠席。18:30時点での体温は38.3℃まで上昇していたようだ。28日起床時点での体温は37.6℃で、12:00頃にチームドクターの勤務する群馬県内病院にて受診しており、夕方時点での体温は37.4℃とのこと。

 29日起床時点での体温は36.9℃まで低下し、夕方時点での体温も37.1℃だったが倦怠感あり。30日起床時点での体温は再び36.5℃まで低下するも、倦怠感は少し残り、喉が痛く痰が少し絡む症状もあったという。チームドクターに相談し、11:00頃に群馬県内の病院にてPCR検査を受け、31日に陽性判定を受けたようだ。

 舩津は回復傾向にあるが、拡散防止の観点から1日より当面の間はトップチームの活動を停止し自宅待機。現状、新型コロナウイルスの症状や風邪の症状等を訴える選手、スタッフはいないとクラブは伝えている。

 なお、舩津はザスパクサツ群馬の公式サイトを通じて「今回はファン、サポーターの皆様、クラブ関係者様、スタッフ、全選手、その家族や友人、関わる全ての方々にご迷惑とご不安をかけしてしまい、本当に申し訳ありません。コロナウイルスは、ニュースで毎日目を通してきて、一人の人間として、サッカーに関わる者として、できる限りの予防、対策をしてきました。しかし、今回このようなことになり、周りにどれだけの迷惑がかかるのか計り知れず、申し訳ない気持ちでいっぱいです。今は他の方々に感染が拡大していないことを心から願うしかできないです。重ね重ねではございますが、多くの方々にご不安やご心配をおかけしてしまっていることを心からお詫び申し上げます。大変申し訳ございません」とコメントしている。

【広告】

JRA重賞予想配信サービス

商品名「ザ・シークレット・ホース」

毎週レポート形式で重賞を深く考察し、

激走の可能性の高い穴馬をあぶり出します。

詳しくはこちらをクリック

↓   ↓   ↓

 

 只今特典レポート付

  1)「サルでも分かる!血統入門」

  2)「サルでも分かる!南関競馬穴の十カ条」

  3)「競馬新聞徹底比較」

  4)「サルでも分かる!血統メモ 2011秋・速報追加版」

コメントは受け付けていません。