【ヤクルト】1、2軍とも全体練習を中止 3日まで自主練習へ 取材も自粛要請(スポーツ報知)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

藤井聡太 扇子「専心」
価格:1944円(税込、送料別) (2019/8/21時点)


出典元:12球団1軍の予定

ヤクルトは31日、1、2軍とも予定されていた4日ぶりの全体練習を中止し、3日まで自主練習に切り替えることを決めた。練習前に球団幹部と首脳陣が話し合ったもので、新型コロナウイルス感染拡大を防止するための措置。埼玉県知事が都内への移動自粛を要請していることもあり、1軍本拠地の神宮、2軍の戸田で、投手、野手が分散時差練習を行う。

 2軍の全体練習が始まる予定の午前9時。戸田球場には球団スタッフの姿さえなかった。球場関係者は「朝になって自主練習と聞きました」と困惑。しばらくしてから、右手親指骨折でリハビリ中の嶋、ドラフト1位の奥川ら約30選手がユニホームのままで姿を現し、体を動かし始めた。

 球春が遠い。小雨が降る神宮で1軍の練習も正午からだったが、予定時間にグラウンドは無人のまま。当面の方針が決まった午後0時10分頃に五十嵐、石川、山田哲、村上らが、ジャージー姿で警備員に守られながら続々と球場や室内練習場へ移動した。

 球団からの連絡で午後0時30分に報道陣はクラブハウス付近に集合。期間中の1、2軍の球場、球団事務所への立ち入り、取材自粛が要請され、慌ただしく引き揚げた。球団関係者は「感染の拡大を防ぐためなのでご理解ください」と説明。1、2軍とも練習再開は4日の予定だが、状況次第ではさらに先送りとなる可能性もありそうだ。

【広告】

新会社でも作れる

法人ETCカードは

しかもスピード発行




コメントは受け付けていません。