自転車リオ代表・窪木一茂、競輪転向…合格は確実、特別選抜試験9人目(スポーツ報知)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

藤井聡太 扇子「大志」
価格:1944円(税込、送料別) (2019/8/21時点)


出典元:競輪に転向する窪木(ロードカンパニー提供)

2016年リオデジャネイロ五輪の自転車代表・窪木一茂(30)が、競輪選手に転向することが29日、分かった。既に26日に日本競輪選手養成所で「特別選抜試験」を受験。30日の入試委員会で合否が決まるが、合格は確実だ。合格すれば同試験で9人目となる。昨年は18年平昌五輪スキーモーグル銅メダルの原大智(23)=117期生として5月デビュー予定=が合格している。

 自転車競技で日本を代表する男子中長距離のエースが、30歳にして大きな決断を下した。窪木は、26日に日本競輪選手養成所(静岡・伊豆市)で、特別選抜試験を受験。本人は、スポーツ報知の取材に「その件はノーコメントです」としたが、複数の関係者は「窪木くんには大きな期待を寄せている」と話した。合格すれば同枠で9人目となる。

 窪木は日大在学中から注目された逸材。卒業後は和歌山県庁に入庁して競技を続けていたが、16年からプロになり、欧州を転戦。同年のリオ五輪は複合種目の「オムニアム」で出場し、14位だった。東京五輪の切符をかけた2月の世界選手権(ベルリン)では、チームパシュートで9位に終わり、五輪延期決定前の規定での出場枠獲得はならなかった。国内では18年の全日本選手権で6冠を達成したオールラウンドプレーヤーだ。

 プロの競輪選手として賞金を稼ぎながら、オムニアムやチームパシュートなどのトラック種目で五輪も目指す窪木。この時期の転向について、同じ日大出身で、92年バルセロナ五輪に出場した競輪選手の先輩・小嶋敬二(50)は「24年パリ五輪、28年ロス五輪を目指すためにはいいタイミングだと思います。養成所に入所すれば、(自転車競技)ナショナルチームのベトゥコーチの指導もそのまま受けられますからね。日大の先輩としては、後輩が競輪選手として五輪を目指すのを応援したい」と話した。別の関係者も「30歳での転向だが、問題ないと思う。彼なら長く五輪競技と、プロの競輪を両立できる」と語った。

 合格すれば、入所式は5月中旬の予定。卒業は21年3月だが、早期卒業制度があり、早ければ21年1月から、窪木の雄姿が競輪のバンクで見られる。

 ◆特別選抜試験 優秀な選手を養成するため、競輪選手としての資質豊かな者を広く募り、入学者を決定する。基準は五輪に出場してJKAが特に認めた成績を収めた者で、世界選手権に出場して8位まで、W杯やそれに類する大会に出場して3位まで。試験は書類選考、面接、作文など。適用1号は1998年長野冬季五輪スピードスケート・ショートトラック500メートル銅の植松仁(引退)。

 ◆窪木 一茂(くぼき・かずしげ)1989年6月6日、福島県古殿町生まれ、30歳。学法石川高から自転車競技を始め、日大に進学。大学卒業後、和歌山県庁に入庁。2015年に退職。16年リオ五輪の代表に選ばれ、オムニアムに出場し14位。172センチ、72キロ。血液型O。

【広告】

プロアスリートも愛用


コメントは受け付けていません。