【ロッテ】佐々木朗希が2度目の打撃投手 MAX156キロにスライダー、フォークも披露(スポーツ報知)

出典元:打撃投手をつとめた佐々木朗希

ロッテのドラフト1位・佐々木朗希投手(18)が27日、ZOZOマリンで2度目のフリー打撃に登板。10分間で計40球を投げた。

 24日のフリー初登板から中2日。前回は直球のみだったが、今回はスライダーとフォークも披露。左打者の安田、右打者の山口に対し、安打性と見られる打球はそれぞれ1本ずつ。球速はMAX156キロをマークした。

 見守った井口監督は「フォークは抜ける球が多かった。スライダーの(軌道の)膨らみがない。まっすぐのように来て打者の近くで曲がる。球種が分かってるのに(打者が)手が出なかったりしてた」と評価。実戦デビューへ向け、次は4月3日にシート打撃に登板する予定だ。

【広告】

最大55,000円も

お得!





コメントは受け付けていません。