阪神・近本が外野ノックを再開「やっぱり野球って楽しいな」(サンケイスポーツ)

腸炎から20日に復帰し、1軍本隊と離れて練習を行っている阪神・近本光司外野手(25)が25日、甲子園の残留練習で復帰後初の外野ノックを行った。

 「やっぱり久々にすると楽しいですね、野球は。(世の中が新型コロナウイルスの影響で)こういう状況で、野球をできないところもあると思う。僕も(腸炎で)できなかったときもあったので。やっぱり野球って楽しいなというふうに感じます」

 前日には投手が行うフリー打撃の打球を受けたが、本格的な守備練習は復帰後初だった。春の柔らかな日差しに包まれたグラウンドで、力強い足取りで白球を追った。野球ができる喜び、野球の魅力を再確認し、しみじみと語った。

 ダッシュにも切れが戻りつつあり「走るのはちょっとずつ良くなるんですけど。やっぱりノックとか、不規則な動きになったときに、まだ体が動いていないというのがありますね」と分析。明るい表情にも、動きにも、日に日に近本らしさが戻ってきた。

【広告】

奇跡の出会いから生まれた

【出雲抹茶専門店 桃翠園】





コメントは受け付けていません。