中日D1位・石川昂は「3番・三塁」で先発出場、試合前練習では柵越え10発(サンケイスポーツ)

出典元:1軍に合流した中日・石川昂=ナゴヤドーム(撮影・中井誠)

中日のドラフト1位・石川昂弥内野手(18)=東邦高=が25日、1軍に初合流し、巨人との練習試合(ナゴヤドーム)に「3番・三塁」で出場。

 「やっと1軍の試合に出られるという気持ちで楽しみ。キャンプで(1軍昇格の)チャンスがあって、自分の故障(左肩腱板炎)でそのチャンスをつぶしてしまった。開幕が延期になったということもあって1軍の試合に出させていただくので、きょうは思い切りプレーしたい」

 前日24日の2軍練習試合、オリックス戦(ナゴヤ球場)ではバックスクリーンにプロ入り後初となる実戦での本塁打を放ったばかり。状態のよさを示すように、試合前の打撃練習では47スイング中、柵越えが10発で、左翼席中段にもほうり込んでみせ「きょうも昨日のような自分のスイングができればいい。いきなり3番を打たせてもらうので、チャンスで一本打てれば」と言葉に力を込めた。

 また、石川昂とともに1軍に初合流したドラフト5位・岡林勇希外野手(18)=菰野高=は「2番・中堅」で出場。「自分は1年目の終盤に1軍に上がれたらいいと思っていたけど、まさかこんなに早く上がれると思っていなかったのでうれしい。ドームでの試合は初めてでプロの打球や伸び具合、守備面では少し不安はありますけど、楽しんで思い切ってプレーしたい」と話した。

【広告】

奇跡の出会いから生まれた

【出雲抹茶専門店 桃翠園】





コメントは受け付けていません。