【高松宮記念】アウィルアウェイ・高野調教師 会見一問一答(サンケイスポーツ)

出典元:アウィルアウェイ=栗東トレセン

-シルクロードSを振り返って

「ハンデは想定より重かったけど、結果を残してくれました。スタートで少し遅れて位置が後ろからになったけど、乗り役も馬も冷静に運んでくれました」

-追い切りについて

「1週前に松山騎手が乗ってしっかりやりましたが、何の問題もなく馬も充実しているのでさらにやれました。全体時計は速くないけど、しまいはしっかりやれました。去年の夏の休みの後からシルエットが変わってきて、実が入ってきた印象です」

-中京コースについて

「CBC賞は走れなかったけど、当時は今と比べるとまだまだの状態で、馬場も悪すぎて力を発揮できなかったですね。左回りは、東京、新潟と走れているので大丈夫だと思います」

-週末は雨予報だが

「成長していて、前走も渋った馬場でも走れています。少し雨が降って少し時計がかかるくらいの方がいいのかもしれません」

-理想の展開は

「乗り役にお任せするスタンスですが、スタートを決めてスムーズに走れればと思います。中間もゲートの駐立の確認はしています」

-意気込みを

「例年に比べてGI馬の頭数が多くて、どの馬も強敵です。兄(インディチャンプ)がGIを勝っていますが、繁殖に入ることを考えると、GIのタイトルもつけてあげて、将来の評価を盤石のものしたいと思います」

【広告】

プロバイダーとセットになった

高速回線インターネット



コメントは受け付けていません。