阪神・矢野監督、開幕延期で1、2軍シャッフル調整やるぞ「1軍が2軍戦、2軍が甲子園でシートやったり」(サンケイスポーツ)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

練習試合(DeNA5-9阪神、24日、横浜)阪神・矢野燿大監督(51)が24日のDeNA戦(横浜)後に、延期された開幕までの調整法について語った。新型コロナウイルスの感染拡大の影響で開幕が早くても4月24日になったことを受け、コーチ会議で相談。1、2軍の往来を活発にして、調整と育成を両立させる方針を決めた。

 本番さながらのガッツポーズで采配を振るった矢野監督は、コーチ会議で今後の方針を確認。調整と底上げを両にらみして過ごす方法を話し合った。

 「実戦感覚がしっかり持てるようにどう調整していくか考えながら、プラスアルファで育成というところもあるので」

 当面の主な実戦機会は2軍の練習試合になる。「(1軍が)2軍の試合に出ると、2軍の選手が出るところがなくなる。逆に甲子園に呼んでシート打撃をやったり、何かこっちもみられる時間に」。主力に出場機会を譲った2軍選手を1軍の練習へ。刺激はもちろん、首脳陣がファームの選手をチェックすることも可能だ。

 「キャンプみたいな日を作ることも考えているし、休みもちょっと取りながら」。体力強化の日も設けながら、全選手にとってプラスな1カ月を送って開幕を目指す。

 「世の中的に、本当にそこでできるのかなというのもありますので、複雑ですね」。はっきりと見えないシーズンの中、最善の準備を進めていく。

【広告】

あなたの切手、

あなたが満足する価格で買い取ります。

不要な切手の買い取りなら

がおすすめ。


コメントは受け付けていません。