マンUレジェンド、守護神のミスに怒り心頭「私がいたらリンチ」。指揮官は擁護(フットボールチャンネル)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

藤井聡太 扇子「専心」
価格:1944円(税込、送料別) (2019/8/21時点)


出典元:【写真:Getty Images】

マンチェスター・ユナイテッドのレジェンドであるロイ・キーン氏が、GKダビド・デ・ヘアを痛烈に非難した。英『スカイ・スポーツ』での発言を『ミラー』などが取り上げている。

【画像】マンチェスター・ユナイテッドの基本フォーメーション

 ユナイテッドは現地時間1日にエバートンと対戦し、1-1の引き分けで試合を終えた。

 ユナイテッドの失点は開始3分のもの。自陣ペナルティエリア内でボールをゆったりとキープしたデ・ヘアはロングフィードを相手FWドミニク・キャルバート=ルーウィンにブロックされ、そのままゴールとなっている。

 キーン氏はこのプレーについて、「時間をかけすぎだ。何を待っていたというんだ?」と語り、「今はトップ4入りを目指すユナイテッドにとって大事な時期だ」と集中力の欠如を非難。「ハーフタイムに私がいたら、彼をリンチしただろう。GKもミスを犯すことはある。ただ、これは言い訳のしようがない」とこき下ろした。

 一方でオーレ・グンナー・スールシャール監督は試合後、デ・ヘアのプレーを擁護。「100%信頼している。彼は世界最高峰のGKで、サッカーには時間がかかりすぎることもある」と述べている。

コメントは受け付けていません。