田中教仁が計量一発クリア日本人連敗ストップで三迫ジム4人目世界王者目指す(スポーツ報知)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:計量をパスし、健闘を誓い合った挑戦者の田中教仁(中央右)と王者ノックアウト(中央左)=三迫ジム提供=

◆プロボクシング WBA世界ミニマム級(47・6キロ以下)タイトルマッチ12回戦 スーパー王者ノックアウト・CPフレッシュマート―同級13位・田中教仁(3日、タイ・ナコンサワン市庁舎前野外特設リング)

 WBA世界ミニマム級タイトルマッチは3日、タイ・ナコンサワンでゴング。2日はバンコクで前日計量が行われ、前日本ミニマム級王者でWBA同級13位・田中教仁(35)=三迫=と同級スーパー王者ノックアウト・CPフレッシュマート(29)=タイ=はともにリミットの47・6キロで一発クリアした。

 タイで行われた世界戦で、日本人ボクサーは1963年1月の世界フライ級戦でファイティング原田が判定負けして以降、24敗1引き分け(2013年11月の江藤光喜が獲得したWBA世界フライ級暫定王座は当時、日本ボクシングコミッション非公認)。ノックアウトは20戦全勝(7KO)の強打者で、14年にWBA世界同級暫定王座を獲得し、16年に正規王者との統一戦に勝利。防衛回数は11度を誇る。大きな壁だが「これからの人たちに、タイは嫌な場所じゃないと示すためにも、ぶっ倒してベルトを取ってきます」と田中は意気込んで日本を出発している。

 2005年3月にプロデビューした田中は、ここまで19勝(10KO)7敗。勝てば、創設60周年の三迫ジムでは、1982年にWBC世界ライトフライ級王座を獲得した友利正以来、38年ぶりの世界王者誕生となる。WBA、WBC世界スーパーウエルター級・輪島功一、WBA世界スーパーウエルター級・三原正、友利正に続くジム4人目の世界チャンピオンを狙う。

【広告】

おいしく・楽しく

健康的にダイエット

↓   ↓   ↓

【カロセーブ】で置き換えダイエット!

コメントは受け付けていません。