【中山9R・水仙賞】クロスセルが競り勝ち2勝目 内田「能力あります」(スポーツ報知)

出典元:水仙賞を快勝したクロスセル

3月1日の中山9R・水仙賞(3歳1勝クラス、芝2200メートル、8頭立て)は、4番人気のクロスセル(牝、美浦・和田正一郎厩舎)が、ゴール前の競り合いを制して2勝目を挙げた。勝ち時計は2分13秒1。

 道中は5番手を追走した。3コーナーで早めに動くと直線では1番人気のエヴァーガーデンとの牝馬同士のたたき合いになったが、最後は抜群の勝負根性を発揮して首差退けた。内田博幸騎手は「ゲートからかりかりしていたけど、ポンと出て馬の後ろに入れたら落ち着いた。ペースが遅かったので自分から早めに動いたが、最後までしぶとく頑張ってくれた。能力ありますね」と高評価した。

【広告】

世界も驚く!

注目の置き換えダイエット

初回540円~スナック菓子でダイエット 



コメントは受け付けていません。