張本勲氏、プロ野球の無観客試合に「オープン戦なんかやることない。ぶっつけ本番でいい」(スポーツ報知)

出典元:張本勲氏

野球評論家の張本勲氏が1日放送のTBS系「サンデーモーニング」(日曜・前8時)に生出演した。

【写真】無観客試合のため閑散としたナゴヤドームの客席

 番組では新型コロナウイルス感染拡大防止で無観客試合となったプロ野球のオープン戦5試合(1試合雨天中止)の模様を伝えた。NPBによると、オープン戦、公式戦を通じて無観客で行われるのは史上初で、巨人は今年初の東京Dでのゲームでヤクルトと対戦。開幕投手に内定している菅野智之が、無観客という異例の状況の中でも5回1失点と好投した。セ・パ両リーグの開幕は20日に予定されている。

 無観客試合に張本氏は「当然といいますかね、お客さん入れない」と指摘し「安倍総理みなさんが必死でコロナ対策やっているからスポーツ界も国民全体で対策していかないと。オープン戦なんかやることないんです。やらない方がいいんです」と提言した。

 その理由を「選手の行き帰り関係者が何十人いるから、その人たちが電車に乗ったり何百人接触するから、感染する傾向は大なんですよ。だから、3月20日、ぶっつけ本番でいいんです。そのぐらい気を使わないと」と持論を展開していた。

 これに司会の関口宏が「だけど練習にはならない」と意見すると「練習は1カ所でじっくりやればいい。確かにお客さんが入ってくるオープン戦は、そのお金でキャンプのお金を浮かせたんです。それは球団は痛いよ。だけど命を引き替えたら勝負にならんでしょう」とコメントしていた。

【広告】

レンタルサーバーなら【Z.com

低価格なのに高速・多機能・高セキュリティ

月額400円(税別)から最大容量100GB



コメントは受け付けていません。