大迫傑、日本新2時間5分29秒で五輪代表確実に/東京マラソン(サンケイスポーツ)

東京マラソン(1日、東京都庁前-東京駅前)東京五輪代表の残り1枠を懸けて行われ、大迫傑(28)=ナイキ=が自身の記録を21秒更新する2時間5分29秒の日本新記録で4位に入り、東京五輪代表の座を確実にした。世界歴代3位の記録を持つビルハヌ・レゲセ(25)=エチオピア=が2時間4分15秒で2連覇を飾った。(タイムは速報値)

 力強い走りで希望の光となった。新型コロナウイルスへの不安に列島が包まれる中、最後の東京五輪切符を争う大勝負で大迫が再び、日本記録をたたき出した。

 所属先でもあるナイキが新開発した厚底シューズ「エアズームアルファフライネクスト%」を着用。序盤はスペシャルドリンクをつかめず、23・8キロで先頭集団から遅れ始めた。それでも勝負どころは知っていた。急激にペースを落とした井上大仁(27)=MHPS=に32・3キロ付近で追い抜くと、表情をゆがめるライバルを尻目に海外勢に食らいついた。37キロ以降、右脇腹を押さえる場面も見られたが、2度目の日本新へひた走った。

 他の選手の結果を待つのではなく、自らが走って東京五輪の切符をつかみ取る決断を下した。昨年9月の代表選考会「マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)」は3位。その後の指定大会で自身が持つ日本記録を破る選手が出なければ3人目の代表に決まるため、東京マラソンを走らない選択もあった。

 昨年10月に所属チームだった米国の「ナイキ・オレゴンプロジェクト」が閉鎖。12月からは強豪ランナーがひしめくケニアに拠点を置き、約2カ月半トレーニングを積んだ。練習内容はこれまでと大きく変わっていないものの、得られる手応えには違いがあった。

 冷たい雨が降った昨年大会は体が動かなくなり4度目のマラソンで初の途中棄権に終わった。MGCは最終盤に競り負け2位に入れなかった。一般ランナー抜きで開催された異様な大一番で、日本屈指のランナーが金字塔を打ち立てた。

 ◆1キロ 先頭集団が2分55秒で通過

 ◆5キロ 大迫、井上を含む先頭集団が14分32秒で通過

 ◆10キロ 大迫、井上を含む先頭集団が29分12秒で通過。第2集団の設楽は29分27秒

 ◆13・7キロ 先頭集団12人が2つに分かれる

 ◆15キロ 井上を含む先頭集団が43分59秒で通過。大迫は3秒差、設楽は19秒差で続く

 ◆20キロ 井上、大迫を含む先頭集団が58分41秒で通過。設楽は23秒差で続く

 ◆中間点 井上、大迫を含む先頭集団が1時間2分1秒で通過

 ◆23・8キロ 大迫が先頭集団から遅れ始める

 ◆25キロ 先頭集団につく井上が1時間13分25秒で通過。大迫は7秒差、設楽は27秒差で続く

 ◆30キロ 先頭集団が1時間27分42秒で通過。ペースメーカーが離れる。5位集団につける井上は1時間28分28秒で通過

 ◆32・3キロ 大迫が5位グループに追いつき井上を逆転する

 ◆35キロ 大迫が1時間43分36秒の5位で通過

 ◆40キロ 大迫が1時間58分51秒の5位で通過

【広告】

<宝島社ストア>雑誌×ブランドコラボiPhoneケース

 

人気ブランドとコラボした

iPhoneケースを販売中

 宝島社ストアだけの限定デザイン

 



 

コメントは受け付けていません。