【阪急杯】ジョイフル、得意阪神で重賞初Vだ(サンケイスポーツ)

出典元:ジョイフル

ジョイフルが得意の阪神で重賞初Vを狙う。

 前々走で阪神芝6FのОPタンザナイトSを快勝。京都の前走・シルクロードSは後方からそれなりの末脚で追い上げたが、0秒3差7着までだった。「レースぶりは悪くなかったが、京都は3着が最高。ちょっと合わないようだね」と吉村調教師。やはり【2・0・0・1】の阪神でこそだ。

 坂路での最終追いは活気あふれるフットワークで4F52秒4、ラスト1F12秒2。「前走後は疲れも見られず、目標のここへしっかりやれている。阪神7Fは速い時計で勝っているし、開幕週の馬場もいい。このメンバーでも流れひとつで好勝負できる」とトレーナー。コンビ【2・1・1・2】の川又騎手とも手は合う。

 “究極の3連単”はジョイフルを1着に固定。京都金杯2着のダイアトニックを2、3着に据えた12点で勝負する。(夕刊フジ)

【広告】


コメントは受け付けていません。