松原后がベルギーデビュー。いきなり先発も、あわや失点関与のピンチ招く(フットボールチャンネル)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:【写真:Getty Images】

【シント=トロイデン 0-3 メヘレン ベルギー1部第28節】

 ベルギー1部リーグ第28節のシント=トロイデン対メヘレンが現地時間28日に行われた。試合は3-0でアウェイのメヘレンが勝利を収めている。シント=トロイデンのDF松原后が先発でベルギーデビューを飾り、FW鈴木優磨はフル出場。伊藤達哉はベンチ入りしたが出番はなかった。

 1月加入の松原が左サイドバックでデビューを飾ったシント=トロイデンは、プレーオフ1進出を争う7位メヘレンとのホームゲーム。前半は0-0で終えるが、後半になるとより難しい展開となる。

 52分には松原がヒヤリ。自陣ペナルティエリアを出たところでボールタッチが大きくなると、相手にボールを奪われる。このロストから大きなピンチを迎えたが、相手のシュートをコロンバットがブロックした。

 71分に松原が退いたあと、ついに均衡が破れる。アウェイのメヘレンは79分にスホームスのゴールで先制すると、その3分後にはバンゼールがゴールを決めて一気に2点差をつけた。

 終了間際にオウンゴールでさらに失点したシント=トロイデンは、0-3で敗戦。リーグ戦3連敗となっている。

【得点者】
79分 0-1 スホームス(メヘレン)
82分 0-2 バンゼール(メヘレン)
90+4分 0-3 オウンゴール(メヘレン)

【広告】

馬券術

【コンピ・ワン・イズム】

1点で勝とうよ!

投資成功率82.4%の

馬券術【コンピ・ワン・イズム】

コメントは受け付けていません。