クラシコは予定通り開催も…。ラ・リーガも新型コロナウイルス対策を準備、無観客も視野に(フットボールチャンネル)

出典元:【写真:Getty Images】

ラ・リーガのハビエル・テバス会長は、3月1日に行われるレアル・マドリード対バルセロナの大一番は予定通り開催する方向だと語った。スペイン『マルカ』などが伝えている。

【画像】レアル・マドリーの基本フォーメーション

 新型コロナウイルスの影響がヨーロッパにも拡がっており、最も多くの感染者を確認しているイタリアでは、今週末に開催される5試合を無観客で行うことを決定している。

 スペインでも不安は広がっており、スポーツイベントにもその影響が出るかもしれない。

 テバス会長は「状況を把握するため、ラ・リーガ内に対策委員会を設置した」と報告。無観客で行うべきかどうかは都市ごとに検討するとのことだが、マドリードでは現時点で問題なしと判断されており、「クラシコを延期することは考えていない」と話している。

 ラ・リーガでは新型コロナウイルス感染拡大の影響が出ても、延期ではなく、無観客での開催を続る方針とのことだ。

【広告】


コメントは受け付けていません。