広島・会沢、先制適時打“打てる捕手”が今季も勝負強さを発揮(サンケイスポーツ)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:4回、適時打を放つ広島・会沢=ナゴヤドーム(撮影・甘利慈)

広島・会沢翼捕手(31)が29日、無観客での中日とのオープン戦(ナゴヤドーム)に「5番・捕手」で先発出場した。四回2死三塁では2番手・鈴木博から右前適時打を放って、先制点を叩き出した。昨季は得点圏打率リーグ1位の・351をマークするなど打率・277、12本塁打、自己最多63打点。オフに3年契約で残留した“打てる捕手”が今季も勝負強さを発揮する。

【広告】

カー用品【ユアーズ直販サイト】

恥ずかしいほどに




コメントは受け付けていません。