プロ野球OP戦、残り全72試合は無観客 80年以上の歴史で初(サンケイスポーツ)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

藤井聡太 扇子「専心」
価格:1944円(税込、送料別) (2019/8/21時点)


出典元:代表者会議を終え、取材に応じる斉藤コミッショナー。無観客でのオープン戦実施という苦渋の決断を下した(撮影・蔵賢斗)

プロ野球12球団は26日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、東京都内で斉藤惇コミッショナー(80)も出席して緊急の代表者会議を開催。29日から3月15日まで組まれたオープン戦の残り全72試合(1試合は中止)を無観客で実施することを決めた。オープン戦、公式戦を通じて無観客試合実施は史上初。3月20日にセ、パ両リーグで開幕する公式戦については今後の状況を見極めて判断するが、無事に開催できるか予断を許さない状況だ。

 無観客試合実施は80年以上にわたるプロ野球の歴史でオープン戦、公式戦を通じて初めて。約2時間の会議を終え、記者会見した斉藤コミッショナーは、異例の決定に至った理由を説明した。

 「(無観客での実施は)12球団で一致した。球団経営にかかわる大変な問題だが、感染がこれ以上拡大すると、まさに国難になる。苦渋の決断をした」

 29日から3月15日まで72試合が組まれているオープン戦全試合が対象となる。東日本大震災が発生した2011年などに練習試合が無観客で行われた例はあるが、今回は今月16日にスタートして公式記録が発生しているため、無観客でもオープン戦として行う。

 3月12日まで予定されている2軍の春季教育リーグも無観客で実施。今後は12球団で対策委員会を設置し、感染症の専門医の意見も踏まえながら対応を協議する。

 オープン戦は西武-DeNA(29日、佐賀)、中日-西武(3月3日、岡崎)など地方球場でも組まれている。そのまま行うか、本拠地などに変更するかは主催者球団の判断となり、同8日の広島-西武(福山)は早速、主催者から中止が発表された。

 前日25日にはJリーグが、3月15日までに予定していた全公式戦、計94試合の中止と開催の延期を決定。巨人は今月29日、3月1日のヤクルト2連戦(東京ドーム)を無観客で行うことを一足早く発表していた。

 安倍晋三首相はこの日、これ以上の感染拡大を避けるため、スポーツや文化イベントについて、今後2週間は全国的に中止や延期、規模縮小を政府として要請する方針を表明した。プロ野球界もその流れに対応した。

 影響はオープン戦だけにとどまらない。セ、パ両リーグが3月20日に公式戦開幕を無事に迎えられるのか、予断を許さない状況だ。斉藤コミッショナーは「目的は(観客が入った球場で)3月20日のレギュラーシーズン開幕を迎えるため」と強調した一方、「(公式戦については)状況を見極めないと、すぐには言えない」とも話した。

 今後、選手やスタッフに感染者が一人でも出た場合、チーム全員の検査が必要になるなど深刻な状況に発展する可能性は否定できない。公式戦が無観客試合となれば、各球団の経営面にも大きな打撃となる。

 政府の方針に左右される問題でもあり、あるセ球団の関係者は「公式戦の日程再編も含めて考えなければいけない。既にセ・リーグでは(日程変更の)検討に入っているようだ」と明かした。斉藤コミッショナーは「3月20日にやりたい気持ちは強い」と一日も早い終息を願い、言葉に力を込めた。

【広告】


令和元年

週末を利用して何か新しい事に

チャレンジしてみては?

SUPやパラグライダーなどのアウトドア体験

ハーバリウムや陶芸体験などのインドア体験

まずは体験プログラムに参加してみよう。

体験プログラムから本格的に始めちゃうかも

体験プログラムであれば装備・道具の心配

もなく気軽に参加できますよ。

    ↓   ↓   ↓

コメントは受け付けていません。