JRA、今週末から無観客か 指定席予約発売を見合わせ…地方は大井や名古屋など27日から無観客(スポーツ報知)

出典元:指定席のネット予約販売を見合わせることになった中山競馬場

JRAは26日、指定席のインターネット予約発売を見合わせた。対象は3月14、15日の中山、阪神、中京開催分。発売開始前となるこの日午後0時30分から、すべての取り扱いを停止した。

 JRA広報室は「今週末を含め、どういう態勢で開催するかが決まっておらず、いろいろ検討している状況」と説明。今後、無観客開催などの措置が講じられる可能性も否定しなかった。すでに発売済みとなっている来週末(3月7、8日)までの指定席については、状況によって「返金作業が必要になる」とした。

 JRAでは先週22日から、開催中の競馬場で場内イベントを休止、中止するなどの対策を行い、ウィナーズサークルでの騎手らの握手、サインといったファンサービスも自粛している。

 一方、地方競馬は、ばんえい競馬が29日から3月8日まで、大井競馬が27、28日、名古屋競馬が27日から3月13日まで、佐賀競馬が27日から当面の間、高知競馬が3月1日から当面の間、無観客開催とすることを発表した。場外発売も取りやめ、電話・インターネット投票での発売のみとなる。

 大井競馬場と専用場外発売所での発売は3月14日まで中止となり、高知競馬は27日から当面の間、他場発売を休止。ばんえい競馬関連施設も3月13日まで閉場となる。ホッカイドウ競馬は3月8日まで、金沢競馬は当面の間、場外発売を中止し、笠松競馬は当面の間、関連施設での発売・払い戻し業務を取りやめることとなった。

 園田競馬は27日の開催を通常通り行う予定。姫路競馬場、ウインズ難波・神戸、各DASHでの場外発売も行われる。来週以降の対応については未定。

【広告】


コメントは受け付けていません。