Tリーグ「ファンや選手の安全を第一に」 3月14日のファイナルを延期(スポーツ報知)

出典元:理事会後に取材に応じるTリーグの松下浩二チェアマン

卓球「Tリーグ」は26日に都内で理事会を開き、3月14日に開催予定だった上位2チームで年間優勝を争うファイナル(東京・両国国技館)の延期を決めた。新型コロナウイルスの感染拡大による政府からの大規模イベントの中止・延期要請も踏まえ、「ファンの皆様、そして出場する選手の安全管理を第一に考えて」決断した。チケットの取り扱いは追って発表される。新しい日程は未定で、社会情勢を注視しながら検討していく。

 「無観客」「中止」などの選択肢も考えられたが、理事会では延期を軸に話し合いが進められ、満場一致で決議された。ただ、卓球は国際大会が多く、世界のトップ選手が集まるリーグとあって、日程の調整は容易ではない。東京五輪を控えていることもあり、調整にも配慮する必要がある。松下浩二チェアマンも「五輪前の重要な時期。選手のスケジュールを無視して組むことは良くない」とし、五輪後の開催も視野に入れていることを明かした。

 会場も6000人以上を収容できる両国国技館と同等の規模で確保できるかも不透明だ。開催時期がずれ込めば、選手によっては契約期間外となるなどの問題も考えられるが、出場する4チームとも対話を重ねて協議していく。松下チェアマンは「ファンの方もレギュラーシーズン84試合を応援してきて、やっとファイナルという時に見ることができないのは非常に残念なこと。ファンのためにも最高に盛り上がる形で何とか開催したい」と語った。

 2季目となる今季のファイナルは男子がレギュラーシーズン1位の木下マイスター東京と2位の琉球アスティーダ、女子は1位の日本生命レッドエルフと2位の木下アビエル神奈川が対戦する。五輪代表の張本智和、丹羽孝希、水谷隼、石川佳純、平野美宇らの出場が見込まれ、チケットの販売は男女2試合で1万155人を集めた初年度を上回るペースだったという。

【広告】

令和元年何か新しい事に

チャレンジしてみたら?

週末を利用して体験旅行はどうですか?

まずは体験プログラムで自分に出来そうか

見極めてみたら?

 

旅行先での遊び や、

週末の おでかけ 先をお探しなら

日本最大級のレジャー総合情報サイト

にお任せ。

↓   ↓   ↓


コメントは受け付けていません。