プロ野球史上初、OP戦を無観客で実施へ 斉藤コミッショナー「苦渋の決断」(サンケイスポーツ)

出典元:12球団緊急代表者会議を終え、取材に応じるNPB・斉藤コミッショナー=東京都港区(撮影・蔵賢斗)

日本野球機構(NPB)は26日、東京都内で斉藤惇コミッショナーも出席して緊急の12球団代表者会議を開き、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う対応策を協議。次回29日から3月15日まで組まれているオープン戦を、すべて無観客で実施することを決めた。オープン戦が無観客で行われるのは、プロ野球の歴史の中で初めて。2月29日-3月12日に予定されているファームの春季教育リーグも無観客で実施する。

【表】主な大規模イベントの新型肺炎への対応

 また、選手やスタッフから感染者が出た場合に対応するため、12球団で感染症の専門医を含めた対策委員会を設置する。

 前日25日に巨人が29、3月1日のヤクルト2連戦(東京ドーム)を無観客で行うことを発表。安倍晋三首相はこの日、全国的なスポーツや文化イベントについて、今後2週間は中止や延期、規模縮小を政府として要請する方針を表明した

 オープン戦は29日から3月15日まで72試合が組まれており、その間の主催試合の最多はオリックスの10試合。3月20日にセ、パ同時開幕する公式戦については、今後の状況を見極めた上で、あらためて判断する。

 斉藤コミッショナーは「(無観客での実施は)12球団で一致した。球団経営にかかわる大変な問題だが、感染がこれ以上拡大すると、まさに国難。苦渋の決断をした。ファンのみなさんには申し訳ないが、目的は3月20日の公式戦開幕を迎えるため」と語った。

【広告】

体臭・口臭にお困りの方!   

多数のメディアで話題の消臭サプリ

                                   もう気にならない!!

 



コメントは受け付けていません。