【阪急杯】ライラックカラー脚どり軽快(サンケイスポーツ)

奥多摩S→カーバンクルSと連勝中のライラックカラーは、美浦Wコースでドラゴンストームと併せ馬。阪神までの長距離輸送を控えて5F71秒1とタイムは控えめだったが、軽快な脚いろで併入した。

 「馬場コンディションが良かったので、いい動きができた。力をつけているし、7Fになるのもいい」と藤沢和調教師。デビュー4年目の木幡育騎手を背に、人馬とも重賞初Vを狙う。(夕刊フジ)

【広告】

プロアスリートも愛用


コメントは受け付けていません。