ミシェル、菜七子の分までサウジ健闘誓う「日本とフランスを代表する気持ちで乗る」(サンケイスポーツ)

出典元:ミカエル・ミシェル騎手

地方競馬で騎乗中のミカエル・ミシェル騎手(24)=フランス=は25日、大井で6鞍に騎乗し、2Rの6着が最高。「勝てなくて残念。あした(26日)から、また頑張りたい」と話した。

 28日にサウジアラビアのキングアブドゥルアジーズ競馬場で行われる騎手招待レースに参戦。「勝つことが目標。世界のトップ騎手と騎乗できるのは楽しみだし、何かを吸収できれば」と意気込み「菜七子が乗れないから、日本とフランスを代表する気持ちで乗る」と、骨折で出場を辞退した藤田菜七子騎手の分まで頑張る心構えだ。日本では3月2日の川崎で騎乗を再開する予定。

【広告】


コメントは受け付けていません。