ヤンキースに激震!一昨年19勝のセベリーノがトミー・ジョン手術で今季絶望(スポーツ報知)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

藤井聡太 扇子「専心」
価格:1944円(税込、送料別) (2019/8/21時点)


出典元:L・セベリーノ(ロイター)

ヤンキースのB・キャッシュマンGMが25日(日本時間26日)、右腕エースのL・セベリーノ投手(26)が右肘靱帯再建手術のトミー・ジョン手術を受けると明らかにした。

【写真】里田まい、田中将大が子どもと遊ぶレア親子ショット公開

 キャンプ序盤からセベリーノは右肘の痛みを訴えて投球練習を回避していた。24日にニューヨークに戻って病院で診察を受け、手術を勧められてたという。右腕は昨年も右肩を痛め1勝に終わっていた。同GMは「セビー(セベリーノ)は、トミー・ジョンが必要であることに同意し認めた」と話した。

 ドミニカ出身のセベリーノは一昨年19勝して昨年初めに4年総額4000万ドル(約44億円)の大型契約を結んだが、昨季は右肩を痛め1勝に終わり、今季は再起が期待されていた。

 ヤンキースはオフにアストロズから昨季20勝したFAのG・コールを投手史上最高額の9年3億2400万ドル(約360億円)で獲得し、田中、セベリーノに昨季15勝の左腕パクストンの4本柱で一躍優勝候補の筆頭にあげられていた。しかし、セベリーノが離脱。また、昨季15勝の左腕パクストンも背中の痛みで開幕2ヶ月の離脱が報じられており、一気に戦力ダウン。緊急補強が必要になってきそうだ。

【広告】




『キングカズ』こと三浦知良選手が所属する

Jリーグチーム【横浜FC】

コメントは受け付けていません。