張本智和、世界卓球も延期「びっくり」 五輪団体前哨戦メダル計画に狂い(スポーツ報知)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:遠征から帰国し取材に応じた張本

卓球界では東京五輪の前哨戦が延期となった。国際卓球連盟(ITTF)は3月22~29日に韓国・釜山で開催予定だった世界選手権団体戦を6月21~28日に延期すると発表。21日に予定通り開催すると表明していたが、釜山でも感染者が確認されたことを受け、1次リーグの組み合わせ抽選を延期するなど対応を協議。「選手、役員、ファンの健康と安全を最優先に」決定した。同時期に予定されていたワールドツアーの韓国オープン(OP)、オーストラリアOPは日程の変更で調整を進めている。

 卓球界初の金メダルを目指す日本の強化計画も修正を迫られた。既に中国で開催予定だった2月末のアジア杯が延期。3月上旬のカタールOP終了後、4月下旬のジャパンOPまで約1か月半空き、5月の中国OPなども開催されない可能性がある。五輪のシード権に影響する世界ランクを上げる機会は限られ、実戦感覚の不足も心配される。男子日本代表の倉嶋洋介監督は「正直、先が見えない不安はある。一つずつ対応していくしかない。条件は同じなので、選手には目標を持たせて練習していきたい」と語った。

 選手は困惑しつつも、現状を冷静に受け止めた。男子の張本智和(16)=木下グループ=、女子の伊藤美誠(19)=スターツ=は優勝したハンガリーOPから羽田空港に帰国。マスク姿で取材に応じ、伊藤は「安全を考えると(延期は)正しい方法かなと思う」と話し、張本も「少しびっくりしたけど、出られる試合に出てしっかり練習したい」とした。日本協会は合宿を増やすなど、状況に応じた強化を進めていく考えだ。

 ◆新型コロナウイルス各スポーツ大会これまでの影響

 ▼マラソン 3月1日の東京マラソンは約3万8000人の一般ランナーの参加を取りやめ、エリート選手のみで開催。同8日の名古屋ウィメンズマラソンも一般ランナー抜きで行われる。

 ▼ボクシング 今月上旬から中国・武漢で予定されていた東京五輪東アジア・オセアニア予選が3月にヨルダン開催に変更。

 ▼バスケットボール男子 24日に台北で行われた21年アジア杯予選が無観客で開催。日本が台湾に勝利。

 ▼ボッチャ 28日~3月1日に東京・有明で開催予定だった国際大会「ジャパンパラ大会」を中止。

 ▼女子ゴルフ 2、3月にタイ、シンガポール、中国で開催予定だった米ツアー3試合が中止。

 ▼陸上 3月13~15日に中国・南京で予定されていた世界室内選手権が来年3月に延期。

 ▼バドミントン 25日から中国・海南省で予定していたワールドツアー・陵水中国マスターズの延期が決定。

 ▼スキー 22年北京冬季五輪のテスト大会を兼ねて今月15、16日に中国・延慶で予定されていたアルペンW杯が中止。

 ▼水球 女子日本代表は2月、新疆ウイグル自治区ウルムチで開催予定だった中国代表との合宿を中止。

【広告】

<宝島社ストア>雑誌×ブランドコラボiPhoneケース

 

人気ブランドとコラボした

iPhoneケースを販売中

 宝島社ストアだけの限定デザイン

 



 

コメントは受け付けていません。