【阪急杯】実績馬ロジクライやマイスタイルなども好勝負が可能(サンケイスポーツ)

出典元:ロジクライ

関西圏は京都から阪神へ開催が替わり、開幕週の日曜メインに阪急杯(GIII、芝1400メートル)が行われる。

 シンザン記念、富士Sと重賞を2勝し、前年3着の実績もあるロジクライ(栗東・須貝尚介厩舎、牡7歳)、昨年のマイルCS4着とGIでも通用する力を持つマイスタイル(栗東・昆貢厩舎、牡6歳)、1勝馬ながら、朝日杯フューチュリティS2着、中京記念2着、東京新聞杯3着など重賞戦線で差のない競馬を見せているクリノガウディー(栗東・藤沢則雄厩舎、牡4歳)も好勝負が可能だ。

【広告】

奇跡の出会いから生まれた

【出雲抹茶専門店 桃翠園】





コメントは受け付けていません。