“再デビュー”前にまさかの退場。イタリア復帰の元ユベントスFW、気性の荒さは相変わらず…?(フットボールチャンネル)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:【写真:Getty Images】

イタリアに戻ってきたかつての神童が、ある意味で“衝撃の再デビュー”を果たした。イタリア『レプッブリカ』などが伝えている。

 かつてフィオレンティーナやレッチェで活躍し、ユベントスやマンチェスター・シティに所属したFWバレリ・ボジノフは今月13日、セリエBのペスカーラに加入した。同選手は23日のクロトーネ戦でイタリア復帰後初のベンチ入りを果たしている。

 しかし、前半26分という早い時間にボジノフ出場の可能性は消滅した。現地報道によると、第4審判に対する抗議で一発退場を言い渡されたとのこと。ピッチに立つことなく、ロッカールームへ行くことを命じられた。

 元ブルガリア代表のボジノフは、今月15日に34歳の誕生日を迎えた。年齢を重ねた今も、激しい気性は変わっていない様子だ。

【広告】

最大55,000円も

お得!





コメントは受け付けていません。