初場所Vの徳勝龍、5年ぶりに自己最高位を更新 番付発表会見で「気が引き締まる」(スポーツ報知)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:自身の番付を指さす徳勝龍

大相撲の初場所で14勝を挙げ初優勝した西前頭2枚目・徳勝龍(33)=木瀬=が24日、大阪・吹田市の同部屋で春場所(3月8日初日・エディオンアリーナ大阪)の番付発表会見に臨み、自己最高位を更新した本場所に向け「やっぱりいつもとは違う。改めて(番付表を)見て、いよいよだなと。気が引き締まった」と気持ちを新たにした。

 これまでの自己最高位は、2015年夏場所の西前頭4枚目。その後は十両で過ごす期間も長かったが、西前頭17枚目だった初場所で史上2人目となる幕尻Vを果たし一気に番付を上げた。33歳での最高位更新に「若い頃は馬力もあって、元気な相撲が取れていたと思う。でもまだ33歳。今でもそんな気持ち。気持ちが若いので、何も変わったことはない」と話した。

 春場所では、上位総当たりは確実。横綱との対戦も予想される。「自分が攻めないと勝てない。自分の形で攻めていければ」。優勝はしたものの、まだ横綱に勝ったことはない。「5年前に結びの一番を取らせてもらったけど、その時は結びで取れるだけで満足していた部分がある」と、初金星への期待も高まる。

 優勝力士として、大忙しだったというこの1か月。「あっという間。もう番付発表か、という気持ち」と思いを明かした。前の日に地元の奈良市で行われた祝賀パレードには、約1万人が集まり祝福を受けた。「あんなに来てくれると思ってなかったので、うれしい」。準ご当所で迎える今場所の成績次第では、新三役も射程圏だ。「常に上を目指すと自分で決めたので。できることをやって番付を上げていく。しっかり稽古をして、大阪場所に向けて準備をしていきたい」と、初日を見据えた。

【広告】


コメントは受け付けていません。