豊中、1年生右腕が救った!延長9回ゲキ勝発進!!…第50回記念春季全国大会大阪北支部予選(スポーツ報知)

出典元:5回から登板、好投した1年生右腕・藤井

◆第50回春季全国大会大阪北支部予選 ◇中学生の部▽1回戦 豊中ボーイズ7―6千里山ボーイズ=タイブレーク(15、16日・中島第1球場ほか)

 「第50回記念春季全国大会」の大阪北支部予選が開幕した。中学生の部では豊中ボーイズが延長9回タイブレークの激闘の末、勝利し初戦突破を果たした。

 最後の打者をアウトに仕留めた瞬間、豊中・藤井は右手を強く握りしめた。周囲の歓声に包まれるなか、元気な笑顔を浮かべたナイン。延長9回タイブレークの大激闘を勝ち抜いた豊中が初戦突破を果たした。

 5回から登板した1年生右腕・藤井は「緊張しました。先輩たちのおかげです。『オマエしかいないから』とか言ってくれました」とほっと息をついた。チームはこの日、インフルエンザのため3選手が離脱。完治したばかりの選手もいて、決して万全の状態ではなかった。試合も終盤追い上げられ、タイブレークの8回には攻撃陣が無得点。それでも、その裏1死満塁の危機から後続を断ち、チームを救った。

 捕手の牧野も「タイブレークの8回、あそこを無失点に抑えることができたのが大きかった」と笑顔で振り返った。試合前は「打たれてもいいから楽しもう」と助言。打撃でも1点を追う4回2死一、二塁の場面で「自分のところで絶対決めてやると思っていた」と右中間へ2点二塁打を放つなど攻守で活躍した。

 川上主将も「ハラハラしたけど、一つ勝てて良かった。目標は全国出場」ときっぱり。大島監督は「うちは守備重視。(7イニングの)21アウトをいかにとるか、徹底している。今日のように1点にこだわって、守って、粘り強く戦いたい」と次戦へ目を向けた。

【広告】


令和元年

週末を利用して何か新しい事に

チャレンジしてみては?

SUPやパラグライダーなどのアウトドア体験

ハーバリウムや陶芸体験などのインドア体験

まずは体験プログラムに参加してみよう。

体験プログラムから本格的に始めちゃうかも

体験プログラムであれば装備・道具の心配

もなく気軽に参加できますよ。

    ↓   ↓   ↓

コメントは受け付けていません。