【京都記念】キーマンズトーク・クロノジェネシス北村友一騎手(サンケイスポーツ)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

出典元:北村友一騎手とのコンビで京都記念に出走予定のクロノジェネシス

冬の京都・伝統のGII「第113回京都記念」は東西の4歳牝馬が人気を集めそうだ。東から攻め込むジャパンC2着カレンブーケドールを迎え撃つのは、西の秋華賞馬クロノジェネシス。エリザベス女王杯以来3カ月ぶりの始動戦へ、北村友一騎手(33)にも緊張感がみなぎってきた。

 --大事な2020初戦。注目の最終追いはCWコースで併入だった

 北村友一騎手「先週の追い切りと比べて、感触として変わったところはなかった。1週前も今週もいい動きだった」

 --昨年と比べて変わってきた点は

 「メンタル的な部分は変わっていないけど、馬体が少し増えているし、全体的に力が強くなっているね。行きっぷりは良くなっているので、そのあたりは変わってきたかなと思う。それと口(向き)も強くなったね」

 --パワーアップしたことをどう生かすか

 「テンションが高いままパワーがついた感じなので、制御するのは難しくなったのかもしれないね。だから、(馬なりだった)追い切りのイメージをそのままレースに結びつけて乗らないほうがいいような気がする」

 --5着だったエリザベス女王杯と同じ京都2200メートル

 「ベストではないと思うけど、それも流れとかテンションにもよるだろう。(距離が違っていても)京都は秋華賞を勝っているんだし、決して悪い舞台だとは思わない」

 --3着だったオークスで先着(2着)されたカレンブーケドールがいるし、年長の牡馬も手強い

 「(制御しなければならない面はあるが)馬自体は賢い。返し馬とかは乗りやすいしね。とにかく今のテンションでレースへ向かうことになるので、(相手どうこうよりも)いい形の競馬ができるかどうかにかかる」(夕刊フジ)

【広告】

あなたの切手、

あなたが満足する価格で買い取ります。

不要な切手の買い取りなら

がおすすめ。


コメントは受け付けていません。