日本サッカー協会が欧州拠点設置へ(サンケイスポーツ)

日本サッカー協会は13日、東京都内で理事会を開き、欧州で活動する選手のサポートを目的としたJFA欧州拠点の設置を承認した。

 現在、欧州では日本代表候補、五輪代表候補にリストアップされている約50人がプレー。欧州駐在員が常駐し、選手のコンディションの把握や代表活動で帰国する際の航空券手配のサポートなど生活面での手助けも行う。関塚隆技術委員長は「目的は代表チームの強化」。所属チームや代表でプレーに集中できるようにサポート体制をさらに整備する。

 4月以降に事務所を開設する予定で、候補地はドイツやオランダ、ベルギーなどの日本人街のある都市が挙がっている。

【広告】

奇跡の出会いから生まれた

【出雲抹茶専門店 桃翠園】





コメントは受け付けていません。