メドベがお気に入りのウィッグで美少女戦士に変身 「本物のセーラームーンに近づけた」(スポーツ報知)

出典元:セーラームーンの衣装に身を包み、アイスショーをPRしたエフゲニア・メドベージェワ

平昌五輪フィギュアスケート女子シングル銀メダルのエフゲニア・メドベージェワ(20)=ロシア=が主演を務める「美少女戦士セーラームーン Prism On Ice」(6月5~7日・KOSE新横浜スケートセンター)の記者会見が13日に、都内で行われた。

【写真】「月に代わっておしおきよ!」のポーズを決めるメドベージェワ

 同アイスショーで主人公の月野うさぎ役を務めるメドベージェワは、本番と同じ衣装をまとい会見に登場した。同アニメの大ファンというメドベージェワは「最初にお仕事の話を聞いたときはビックリ。一番大好きなキャラクターと人生の大事なスケートという2つの世界を一緒にできるのはとてもいい経験になると思う」と目を輝かせた。

 過去には、16年7月のアイスショー「ドリーム・オン・アイス(新潟・長岡市)」や、17年4月の世界国別対抗戦(東京・国立代々木競技場)のエキシビションで、セーラームーンに扮(ふん)して、演技をしたことがある。だが、ウィッグ着用は今回が初。「ウィッグがとても気に入っている。最初はこれでスピンとかジャンプはどうなのかと思っていたが、練習したらやれたので楽しみにしている。このウィッグが加わって本物のセーラームーンに近づけた」と声をうわずらせた。

 また、この日は他の出演者も発表。セーラーマーキュリーを18年平昌五輪4位の宮原知子(21)=関大=、セーラーマーズを長洲未来(ながす・みらい、24)=米国=が務めるなど世界のトップスケーターが集結する。

【広告】




『キングカズ』こと三浦知良選手が所属する

Jリーグチーム【横浜FC】

コメントは受け付けていません。