楽天GM・石井一久氏、野村さん追悼「監督の蹴ったイスの飛距離を忘れない」(スポーツ報知)

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

藤井聡太 扇子「大志」
価格:1944円(税込、送料別) (2019/8/21時点)


出典元:恩師・野村監督をしのんだ石井一久

野村克也さんのヤクルト監督時代にエースとして活躍した楽天の石井一久GM(46)はこの日、都内で取材に応じ「野球の原点を教わった人。ショックです」としのんだ。

【写真】恩師の野村克也氏の死去に涙を流す高津監督

 今朝、球団からの連絡で知ったといい「最近元気なかったですが、まさかとは思った。でも奥様(沙知代さん、2017年死去)のところに行けてよかったのかな。(自分は)恩返しはできたのかな?と色々な気持ちがぐるぐる回りました」と話した。

 一番の思い出は入団して数年たった20歳の頃。大型左腕として期待を背負いながら打たれて降板した際、監督室で2人きりになり「お前、俺をなめてんのか!」とイスを蹴飛ばされたという。「普段は動きも遅くて穏やかに話す人なのに、あの時だけは動きも速くて、見たことない形相で聞いたこともない言葉遣いだった」と回想。監督に全力で蹴られたイスも5mくらい飛んで行った。「ああ、こういう動きもできるんだと思った。温厚なのに野球には熱い方だった。僕も野球に対する考え方が変わった。あのイスの飛距離とともに一生忘れません」と懐かしんだ。

 最後に会ったのは2018年に楽天のGMになる前。解説で訪れた球場で「お前もどこかでユニホーム着ないといけないんだぞ。野球界に恩返ししないとな」と声をかけられた。今季は野村さんの息子・克則も楽天で1軍作戦コーチに。「僕と克則は同い年で、僕も父親のように気にかけてもらった。今年は克則と一緒に戦う大事なシーズン。勝っても負けても何か言われるだろうけど(天国から)見ていてほしいと思う」と全力で戦うことを誓っていた。

【広告】



選手の顔と名前を覚えて、

「推しメン」を決めて、

スタジアムで熱い声援を送ろう!

コメントは受け付けていません。