【巨人】先発復帰を狙う田口が今キャンプ最多146球の熱投「つかみきれないところがたくさんある」(スポーツ報知)

これなら出来る

書かないアフィリエイト?!

MyLabo

My Labo新規獲得キャンペーン

 

 

 

 

 

出典元:投球練習をする田口

巨人の田口麗斗(かずと)投手(24)が11日、宮崎キャンプ第3クール初日にブルペン入り。今キャンプ最多となる146球の熱投を披露した。

【写真】丸佳浩、浸透してきたマルポーズ継続します

 打席には三沢投手コーチらが立ち、審判もカウントを数えて試合を想定しながらの投球を行った。昨年は主に中継ぎとして55試合に登板。今季は再び先発復帰を目指している。田口は「まだまだつかみきれないところがたくさんある。久しぶりに100球以上投げることになってしまった。球数を投げる回数を徐々に増やしていければ問題なくやっていけると思う」と一定の手応えを口にした。

 初の実戦登板となった8日の紅白戦では先発・桜井の後を受け、3回からの2イニングを2安打無失点に抑え、結果を残した左腕。これからについては「ただ量をやるだけじゃなくて、質のいいキャッチボールだったり守備だったりを求めながらやっていけたらなと思います」と意気込んだ。

【広告】

最大55,000円も

お得!





コメントは受け付けていません。