真中氏が恩師・野村氏悼む「公私とも多くのこと学んだ」 イズム継承誓う(サンケイスポーツ)

出典元:死去した野村克也さん

サンケイスポーツ評論家の真中満氏が11日、恩師・野村克也氏の死去を悼んだ。

 「最近までお元気そうだったので、突然の知らせに本当に驚きました」と真中氏。最後にあいさつをしたのは1月20日、都内で行われたヤクルトOB会の席上。「真中です!」と頭を下げると、「わかっとるわ! 真中って言わんでもお前くらい」と笑顔で怒られた、という。

【写真】ノムさん『19着けてくれ』鷹・甲斐が背番号継承!!

 現役時代は入団1年目の1993年時から野村監督に育てられた。『ID野球』の神髄を学んだミーティングでは、ひたすらノートにメモ。

 「頭のなかにしっかり残っています。野球ももちろんですが、いち野球人としてどうあるべきか、という話が多かった。公私ともいろいろなことを勉強させてもらいました」

 現役引退後、ヤクルトのコーチや2軍監督、2015年から3年間は1軍監督をつとめたが、「指導者となってあらためて、ノートを見返したりあの時の言葉を振り返ることもあった」という。

 真中氏はじめ、「野村監督」のまな弟子たちはその背中を追うように野球界で指導者の道を歩んでいる。

 「野球を終えた後も立派な人間を作っていくことはなかなかできないこと。今は現場を離れていますが、野村さんから教わったことを私も伝えていきたいですし、立派な野球関係者がどんどん出てきてほしいと思います」と話し、あらためて名将が残した“財産”の偉大さをかみしめた。

【広告】

JRA重賞予想配信サービス

商品名「ザ・シークレット・ホース」

毎週レポート形式で重賞を深く考察し、

激走の可能性の高い穴馬をあぶり出します。

詳しくはこちらをクリック

↓   ↓   ↓

 

 只今特典レポート付

  1)「サルでも分かる!血統入門」

  2)「サルでも分かる!南関競馬穴の十カ条」

  3)「競馬新聞徹底比較」

  4)「サルでも分かる!血統メモ 2011秋・速報追加版」

コメントは受け付けていません。