金田正一氏「お別れの会」でサトウハチロー氏から贈られた“宝物”の詩が朗読される(サンケイスポーツ)

【広告】    レイコップ

コードレススティッククリーナー

使い勝手はコードレスが一番!

国鉄(現ヤクルト)、巨人で歴代最多の通算400勝を挙げ、昨年10月6日に急性胆管炎による敗血症のため86歳で死去した金田正一氏の「お別れの会」が21日、東京・千代田区の帝国ホテルで開かれた。

 式典の冒頭では会場の大型ビジョンに、終戦直後の大ヒット曲「リンゴの唄」の作詞者でもある詩人、サトウハチロー氏が金田氏をたたえた詩が映し出され、朗読された。1969年に現役を引退した直後に贈られたもので、個人事務所の壁に飾るほどのお気に入りだった。金田氏は、6年前のサンケイスポーツインタビューで「400勝しても引退する気はなかったが、知らない間にレールが敷かれていたんや。この詩をいただいて、すっきりした」と語っていた。

【広告】

令和元年何か新しい事に

チャレンジしてみたら?

週末を利用して体験旅行はどうですか?

まずは体験プログラムで自分に出来そうか

見極めてみたら?

 

旅行先での遊び や、

週末の おでかけ 先をお探しなら

日本最大級のレジャー総合情報サイト

にお任せ。

↓   ↓   ↓


コメントは受け付けていません。