白鵬連敗に鶴竜も土…2横綱、23年ぶり同日金星配給/初場所(サンケイスポーツ)

出典元:妙義龍(手前)の左突き落としに前のめり、両手をばったりついた白鵬。早くも2敗目を喫した (撮影・桐原正道)

大相撲初場所3日目(14日、両国国技館、観衆=1万936)2横綱がそろって平幕力士に金星を配給する波乱で、ともに2敗目を喫して黒星が先行した。2連覇を目指す白鵬(34)は妙義龍(33)に突き落とされて2連敗。鶴竜(34)は北勝富士(27)に押し出された。妙義龍は5個目、北勝富士は7個目の金星を獲得。新関脇朝乃山(25)、2横綱に連勝した平幕遠藤(29)は大関豪栄道(33)を破って、ともに3連勝とした。

 土俵の四方から座布団が舞い落ちる。白鵬からすれば、また舞わせてしまった。2日目の遠藤戦に続き、この日も平幕力士に敗れる番狂わせ。黒星を喫して引き揚げる花道奥。テレビの再生画面を厳しい表情で確認した。

 「足が流れたな。それをチェックした…」

 立ち合いの威力がなく、妙義龍の上体は起きない。相手の右差しを嫌って押し合いになったが、相手がその右を一気に抜くと、つっかい棒を外されたように、ばったりと両手をついた。

 白鵬にとって平成30年初場所3、4日目以来2年ぶりとなる連日の金星配給となった。2日目の遠藤戦では2度の上手投げを残され、手の内を読まれていたかのように切り返されて土俵にひっくり返された。背中に張りついた土俵の砂が屈辱ならば、この日の手のひらについた砂は無抵抗の淡泊さを表していた。

 白鵬だけではない。結び前の一番で、悪癖の引き技をみせて北勝富士に押し出された鶴竜も深刻だ。2場所連続休場明けの今場所。序盤戦で黒星が先行した。東京場所前恒例の体重測定では5キロ減の156キロに。「(体が)軽い。それに尽きる。ちょっと痩せすぎ。力が伝わっていない」と浮かない表情をみせた。

 2横綱時代で2人が同じ日に金星を献上するのは平成9年名古屋場所3日目の貴乃花(対蒼樹山)、曙(対貴闘力)以来23年ぶり。このまま白星が伸びないと、両横綱がそろって休場へ追い込まれる危機にも直面する。2横綱が同じ日に休場となれば、4横綱時代の昭和28年初場所3日目の千代ノ山、照国以来67年ぶりとなる。白鵬は「あしたはあしたにならんとね…」と、意味深長な言いまわしでかわした。連覇を狙う34歳が、春の嵐にさらされる。

【広告】

ピアノ初心者の60代男性が、

わずか30日で「第九」を弾けた方法とは?



ピアノ初心者の60代男性が、

わずか30日で「第九」を弾けた方法とは?

あなたは「第九」や「歓喜の歌」と呼ばれる曲の

作曲した人を、ご存知でしょうか?

「第九」は年末にもよく合唱などで歌われていて

有名なクラシック曲なので、ご存知の方も多いでしょう。

この曲は、“楽聖”つまり、“きわめてすぐれた音楽家”と呼ばれる

ベートーヴェンが晩年に完成させた名曲です。

正式名称を「交響曲第九番」と言います。

この、偉大な音楽家が作曲した、

世界中で愛されているこの名曲を、

あなたも今すぐ、ピアノで弾いてみましょう!!

・音楽経験なんてまったくない!

・指をスラスラ動かせない!

・そもそも、楽譜が読めない!

そんなお悩みも、まったく問題ありません。

楽譜が読めなくても、憧れのピアノは弾けます!

しかも、たった30日で。

⇒「本当に!?信じられない!」という方は、
まずこちらの映像をご覧ください。

通常、ピアノ教室に通うとまず行うのが、

楽譜の暗記です。

楽譜は英語のように、普通の生活では、

使わない記号が盛りだくさんです。

ですから、まずその記号を覚え、楽譜の読み方に慣れないと
なかなか曲をスラスラ弾けません。

ですから、はじめて曲を1曲弾けるまで「3カ月かかった」

なんて話もよく聞きます。

そんなに時間がかかるなんて・・・

と驚いてしまったあなた、

お気持ちよくわかります。

もっとカンタンに、早く、楽しく、ピアノを

弾けるようになれたら、嬉しいですよね。

そこで、楽譜に“あるもの”を足すだけで、誰でもすぐ、

楽譜をスラスラ読めて、曲に挑戦できる方法があります。

一体何かわかりますか?

楽譜は、普段使わない記号を使うから難しいのです。

例えば、小学生がまだ習っていない漢字を

いきなり読むのは難しいですよね。

でも、その漢字にもし読み仮名があったら、

ひらがなさえ知っていれば、スラスラ読めると思います。

これと同じで、楽譜も、普段使うものを足すだけで、

カンタンにスラスラ読めるようになるのです。

つまり、あなたが普段使っている「フリガナ」と「数字」を使えば、

見てすぐ楽譜を読んで、曲に挑戦できるでしょう。

今回ご紹介するピアノ上達レッスンでは、

この“画期的な楽譜”を使って、すぐに曲を弾くことができます。

短期間でピアノが弾ける!“特別な楽譜”の見本をぜひ一度、ご覧下さい。
⇒見てすぐ弾ける楽譜のヒミツを知る!

しかも、すごいのはそれだけではありません。

このピアノ上達レッスンの講師の先生がすごいです。

現役のピアニスト兼、ピアノ教室の講師の

【 海野 真理 】先生です。

指導の経験が豊富な海野先生は、レッスンのプロ中のプロ。

そのレッスンは順番待ちができるほど大人気です。

そんな大人気ピアノ講師のレッスンを自宅で

好きな時間に好きなだけ受けられます。

本格的で、わかりやすいレッスンを自宅で受けられる!

というピアノレッスンは大好評で、

ついに受講者は5,000人を突破しました!!

⇒気になる海野先生のピアノレッスンはこちら。

憧れのピアノを思い通りに弾きこなせた瞬間、

心の底から感動を感じることでしょう。

それだけではありません。

ずっと弾いてみたかった、大好きな曲にも、

ドンドン挑戦できるでしょう。

大好きな曲を弾けたときの喜びは、

さらに格別です。

家事の合間のちょっとした時間に、

食後のひと時に、ピアノを奏でる。

そんな憧れのひと時を今すぐ手に入れませんか?

 ⇒試しにピアノレッスンを見てみる

しかも、今だけ!

★さらに追加であの名曲が弾ける!

通常の練習曲にプラスして【3曲】分も弾ける

初心者向け“楽譜”をプレゼント中です。

はじめてでも安心の、弾くコツがすぐわかる。

先生の解説と模範演奏が入ったCD付き!

憧れの名曲をすぐに弾けるこの特典は、期間限定です。

ぜひ、お早めにご確認下さい。

 ⇒只今のプレゼント曲はこちら

コメントは受け付けていません。